ネットワークとセキュリティの法人研修なら、左門至峰の(株)エスエスコンサルティング

ネットワークスペシャリスト試験対策「ネスペ」シリーズの著者である左門至峰が、わかりやすくて実力がつくネットワークとセキュリティの実機を含めた研修を行います

ネットワークハンズオン研修

企業様を対象に、ネットワークの基礎/実践スキル向上の研修を行います。
ネットワークの基礎知識を深堀りするために、実機を使って設定をしたり、コマンドを打ったり、キャプチャをしながら課題にチャレンジしてもらいます。単に知識を習得するだけでなく、実機に触れることで、ネットワークの知識・技術のスキルアップを図ります。

 

1.ネットワークの本物の力が身に着く研修です

実際に操作してもらうのは、PC(およびパケットキャプチャソフトWireshark)、スイッチングハブ(Catalyst)、ルータ(Ciscoルータ)、次世代ファイアウォール/UTM(FortiGate)、Linuxサーバです。
セミナーの講師は、ネットワークスペシャリスト試験対策で高い評価を得ている「ネスペ」シリーズ(技術評論社)の著者である、左門が行います。

 

2.なぜ本物の力が身につくのか。それは自分で設計し、トラブル対応までを実施をするから

(1)マニュアル通りにやる研修ではありません
この研修では、課題をたくさん出します。たとえば、ルーティングの課題であれば、60個くらいに細分化しているので、参加者が「何をすればいいんだろう?」などと迷うことなく、次々と課題を進めてもらいます。しかし、が、一言一句細かな指示までは出しません。

(2)設計も自ら実施
既に述べましたように、細かいだ課題出します。ただ、ネットワークの設計に関するところは、部分的に自分で考えてもらうようにしています。たとえば、IPアドレスやサブネットマスクも自分で決めてもらいます。構成も、指針は出しますが、部分的に自分で考えてもらいます。完璧なマニュアルがあって、指示された通りにやるのと、自分で考えるのは、構築の難易度が全く違います。自分で考えるからこそ、実践的な力が付くのです。

(3)トラブルシューティングが学べる
この研修には明確なマニュアルはありません。解説として、詳細な手順が配られるわけでもありません。自分で考えながら実施します。すると、まず間違いなく、うまくいかないことにぶち当たります。とはいえ、ネットワークのトラブルなんて、身近なことばかりです。ちょっとした設定ミス、IPアドレスの入力間違い。また、ルーティングでいえば、同じセグメントが2つあった、などなど。ただ、そんなトラブルを、自分で考え、ペアと考え、切り分けをしたり、コマンドを打ったり、パケットキャプチャをしながら原因を究明するのです。もちろん講師の私からもヒントは言いますが、自分で考えてもらいます。トラブル対応力が付くことが、実践的な力になります。

 

トラブルシューティングは、トラブル対応力を向上させるためならず、ネットワークを理解するためのものです。
「インターネットがつながらない」というトラブルが発生したとき、そのとき、あなたはいくつの引き出しがあるか?このことが、ネットワークをどれだけわかっているか、なのです。

 

(3)現場のトラブルは、シミュレータでは経験できないものばかり
最近だと、ネットワークのシミュレータソフトが少し普及し、便利になりました。ただ、便利な反面、現場力が付くかは少し疑問です。というのも、現場でのトラブルは、シミュレータでは経験できないものばかりだからです。
 たとえば、ネットワークのトラブルなんて、ケーブルが緩んだり壊れていた、クロスケーブルとストレートを間違えた、ポートを挿し間違えた。PCのファイアウォール設定でpingが拒否された。PCの有線LANで接続していたつもりが、Wifi経由で通信していた。なんてことです。他にも切が無いくらいトラブル事象はあります。これらは、実機を用いてやるからこそ経験できることですし、実践で必要な力も、このような、シミュレータには現れないトラブル対応なのです。

3.研修の特徴

(1)研修の特徴
①実機を使う
 実践的な力がつきます。
②原則、2名ペアでの競技
 一人でチャレンジするよりも、ペアで連携することで、多くの課題をクリアできます。技術力だけでなく、コミュニケーション力も向上します。
(2)参加者のレベル差を埋める仕組み
 原則、ペアで進めてもらいますから、ネットワークの知識が弱い方が参加していても(つまり、参加者のレベル差があっても)、どのレベルの方もレベルアップが期待できます。経験豊富な方は、経験の少ない方にアドバイスをすることで、自分自身が新しい気づきがあります。
また、問題はたくさん用紙していますので、経験が少ない方は、基本部分を中心に実施し、経験豊富な方はたくさんの問題(難問含む)に挑戦してください。

4.コース概要

コース名 ネットワークハンズオン研修
コースコード SSNC01
研修目的 ・TCP/IPやネットワークの基礎知識を、実機操作を通じて深堀りします。
・Ciscoルータ(またはスイッチングハブ)の実機を操作することで、VLANやリンクアグリゲーション、ルーティングなどの実際の設定を学習します。
・(コース内容によりますが)次世代Firewallの操作では、Firewallの基本やUTM、VPNの設定などを学びます。
・次世代Firewallの学習を通じて、企業のセキュリティ対策の実践を学びます。
・ネットワーク設計を実際に行ったり、チームで相談して進めます。プロジェクト管理能力やコミュニケーション能力の向上にも寄与します。
研修方法 ハンズオン形式の実機操作
日数 1日コースまたは2日コース ※1日間のコース場合は基本はルータおよびスイッチ。2日間コースの場合は次世代Firewall
研修時間 9時半~17時(9時~18時の間で調整可能)
参加人数 5名様以上18名様まで(要相談)
講師 左門 至峰
対象者 ①ネットワークおよびTCP/IPの基礎を理解できるレベルの方
②ネットワーク機器の実機操作、TeraTermの操作の基本をご存知の方
※②に関しては、基本操作は冒頭にて1時間ほど解説します。よって、最低限の経験があれば対応可能だと思います。
ご準備いただくもの ・セミナー会場、プロジェクタ、マイク、インターネット環境、PC(LANポート、Teratermインストール必要)、LANケーブル、配布物の印刷(こちらからデータでお渡しします)など。

 

5.研修費用

1日あたり、基本料金20万円(ネットワーク機器の機材準備費含む)+人数×4万円+交通費および宿泊費(税別)
例えば、東京のお客様の会議室で、10名様で1日間の場合
20万円+40万円 + 交通費3万 =約63万円(税別)

※交通費は大阪からの実費です。(日程を調整いただければ、ゼロも可能です)
※会場のご準備をお願いします。

6.研修の流れ

1日コースで研修を実施します。大きな流れは以下です。
(1)ネットワークの基礎講義 【1時間】
(2)パケットキャプチャの講義、CiscoやFortiGateの基礎的な操作説明 【1時間】
 ※最初はパケットキャプチャを説明し、いろいろなパケットを見てもらいます。
(3)ハンズオン研修 【3時間半】
ネットワークの基礎知識の深堀りが目的です。奇をてらった難問はありません。
基本問題20問×5テーマで、1つ5点。合計500点です。応用問題も別途あり、早く終わったチームは応用問題を出します。
チームで協力してやってもらいます。※チームで連携することが、好スコアの鍵です。
テーマは以下の5つですが、各チームで好きなテーマを選んでもらって構いません。
①ネットワークの基礎 
②スイッチ演習 
 ・VLANの設定(ポートVLAN、タグVLAN)
 ・上記の2つのパケットの違いの確認
 ・ミラーポートの設定
 ・DHCPサーバの設定、DHCPのパケットの確認
 ・MACアドレステーブルの確認
 ・STPの設定、状態確認
 ・STPの切り替わり時間の測定
 ・リンクアグリゲーションの設定、状態確認
 ・リンクアグリゲーションの切り替わり時間の測定
  など
③ルータ演習
 ・IFの設定
 ・NATの設定、NATテーブルの確認
 ・スタティックルート
 ・RIPの設定
 ・RIPの切り替わり時間の測定
 ・OSPFの設定、DR/BDRの確認
 ・OSPFの切り替わり時間の測定
 ・COSTの設定
 ・VRRPの設定
 ・MTUの確認
  など 
④ファイアウォール演習
 ※2日コースの場合  内容はこちらを参考にしてください。  お問い合わせフォームからご相談ください